クレジットカードの歴史年表

クレジットカードの比較@サイト
  |TOP用語集
提携ブランド別
 VISA
 MASTER
 JCB
 アメリカン・エキスプレス
 ダイナースクラブ
カード別
 三井住友VISAカード
 アメリカン・エキスプレス
 ライフカード
 JCB
 楽天カード
 三菱UFJニコス
 オリコカード
 P-oneカード
 三井住友トラストクラブ
 JALカード
 クレディセゾン
 TOP&カード
 NTTグループカード
 セディナカード
 SBIカード
 出光カード
機能・タイプ別
 年会費無料
 ゴールドカード
 マイルが貯まる
 女性専用
 学生専用
 即日発行
 リボ払い専用
 ETCカード
 デザイン
特典別
 お買い物割引
 お食事割引
 ゴルフ特典
 電車、バス特典
 医療・健康相談無料
お役立ちツール
 クレジットカード検索
関連知識
 クレジットカードとは
 歴史年表
 仕組み
 支払い方法
 種類
 国際ブランド
 電子マネー
 電子マネーの原理
 メリット
 クレジットカード番号とは
 利用上の注意点
 紛失・盗難時の対応と補償
クレジットカードの歴史年表

   アメリカでのクレジットカードの歴史

1950年 フランク・マクナマラ、ラルフ・シュナイダー、アルフレッド・ブルーミングデールら3人がニューヨークにダイナースクラブを設立。
1951年 フランクリン・ナショナル・バンク等の複数の銀行がクレジットカード業務を開始。
1958年 アメリカン・エキスプレスが、クレジットカードを発行。
バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)が、カルフォルニア州フレズノ市で「バンカメリカード」(BankAmericard)を発行。
1959年 チェース・マンハッタン・バンクがクレジットカード業務を開始。
カルテブランシェ(ヒルトンホテルカード)設立。
1966年 バンク・オブ・アメリカは、今迄、州内に限定していたクレジットカード業務を他の州の銀行にフランチャイズ方式を導入して、ライセンスを与え、州外に展開を開始。
大手銀行が、インターバンク・カード・アソシエーション(後のMasterCard)を設立。
1969年 インターバンク・カード・アソシエーションは、ウエスタンステートバンクアソシエーションからMaster Charge(後のMasterCard)の商標権を取得。
1970年 バンカメリカードの運営をバンク・オブ・アメリカからナショナル・バンク・アメリカードに移行。
1972年 カルテブランシェが、ゴールドカードを発行。
1973年 ナショナル・バンク・アメリカードが、世界規模での電子的オーソリシステム「BASEI」の運用を開始。
1974年 ナショナル・バンク・アメリカードが、米国以外の国でもライセンスの供与を開始。
運営機関のインターナショナル・バンクカード・カンパニー(IBANCO)を設立。
1975年 アメリカン・エキスプレスが、ゴールドカードを発行。
1976年 バンカメリカードの名称をVISAに変更。
ナショナル・バンク・アメリカードは、社名をVISA U.S.Aに変更。
インターナショナル・バンクカード・カンパニーは、社名をVISA Internationalに変更。
1980年 インターバンク・カード・アソシエーションは、Master ChargeをMsterCardに変更。
シティバンクが、ダイナースクラブを買収。
1981年 MsterCardが、ゴールドカードを発行。
1982年 VISAが、プレミアムカード(後のゴールドカード)を発行。
1983年 VISAが、グローバルATMを設置。
1986年 ディスカバーカードを設立。
VISAが、ドル建の決済で有った国際取引との決済を多通貨での決済を開始。
1987年 アメリカン・エキスプレスが、プラチナカードを発行。
1991年 MsterCardが、オンラインデビットプログラム「Maestro」をスタート。
1995年 VISA,MasterCard,Europayが、ICカード仕様「EMV」を作成。
1996年 MasterCardが、World MasterCardを発行。
1997年 MasterCardが、電子マネーを運用するMondexを買収して子会社とする。
1998年 VISAが、VISA Signatureを発行。
1999年 MasterCardが、プラチナマスターカードをバージョンアップ。
アメリカン・エキスプレスが、最上位カードブラックセンチュリオンカード及びブルーカードを発行。
2000年 VISAが、最上位カードのInfiniteを発行。
CITICORPがCarte Blancheの最上位カードのDiners Club Carte Blancheカードを発行。

MasterCardが、米国財務省発行の長期債購入のオンライン決済を開始。
2002年 バンク・オブ・アメリカが、Mini Cardを発行。


   日本でのクレジットカードの歴史

1960年 丸井が、クレジットカードを国内で最初に発行。
日本ダイナースクラブ(後のシティコープダイナースジャパン)を設立。
1961年 日本クレジットビューロー(後のJCB)を設立。
割賦販売法成立。
1965年 全国信販協会設立。
1966年 日本信販が、クレジットカードを発行。
1967年 ダイヤモンドクレジット(後のDCカード)を設立。
JCBが、アメリカン・エキスプレスと提携して国際カードを発行。
住友クレジットサービス(後の三井住友カード)を設立。
日本割賦制度協議会を設立(後の日本クレジット産業協会)。
1968年 ミリオンカードサービス(後のUFJカード)を設立。
住友クレジットサービスが、VISAカードを発行。
割賦販売法施行。
1969年 ユニオンカード(後のUCカード)を設立。
オリエントコーポレーションが、クレジットカードを発行。
セントラルファイナンスが、クレジットカードを発行。
日本信用情報センターを設立。
1970年 DCカードが、MasterCardと提携して、国際カードのMasterCardを発行。
ジャックスが、クレジットカードを発行。
1971年 ミリオンカードが、MasterCardと提携して、国際カードのMasterCardを発行。
1972年 UCカードが、MasterCardと提携して、国際カードのMasterCardを発行。
1973年 日本信販が、MasterCardと提携して、国際カードのMasterCardを発行。
個人信用情報センターを発足。
1980年 VISAジャパンを設立。
日本ダイナースクラブが、国内と国外の両方で使用できるクレジットカードを発行。
アメリカン・エキスプレスが、ゴールドカードを発行。
1981年 JCB Internationalを設立。
1983年 地銀バンクカードを発行。
相銀ワイドカードを発行。
日本航空が、クラブAカードを発行。
1984年 日本クレジットカード協会(JCCA)を設立。
信用情報センター(CIC)を設立。
1987年 日本信販が、VisaインターナショナルよりSL(スペシャル・ライセンシー)権を獲得して、VISAとMasterのデュアル発行を開始。
クレディ・セゾンとダイエーOMCが、SL権を取得して、VISAとMasterのデュアル発行を開始。
日本クレジットカウンセリング協会を設立。
1988年 DCカードが、VISAと提携。
ユーシーカードが、VISAと提携。
ミリオンカードサービスが、VISAと提携。
1989年 オムニカード協会を設立。
MasterCardジャパンを設立。
1998年 アコムが、MasterCardの国際カード発行権を取得。
1999年 プロミスが、JCBカードを発行。
2001年 銀行系カードの総合割賦が解禁。
ユーシーカードが、ICカードを発行。
三井住友カードが、ICカードを発行。
ETCカードの発行を開始。
三井住友銀行の誕生に合わせて、住友クレジットサービスとさくらカードが、統合して社名を三井住友カード(株)に変更。
2002年 フィナンシャルワンカードとミリオンカードサービスが、合併してUFJカードを発足。
UFJ銀行が、ICキャッシュカード発行。
シティグループが、日本ダイナース買収。
2003年 JR東日本が、クレジットカードとスイカが一体型のビュースイカを発行。
2009年 株式会社オーエムシーカード、株式会社セントラルファイナンス、株式会社クオークの3社が合併して、2009年4月に新たに株式会社セディナが誕生。


お問い合わせ先免責事項相互リンク集TOP