クレジットカードを利用上の注意点

クレジットカードの比較@サイト
  |TOP用語集
提携ブランド別
 VISA
 MASTER
 JCB
 アメリカン・エキスプレス
 ダイナースクラブ
カード別
 三井住友VISAカード
 アメリカン・エキスプレス
 ライフカード
 JCB
 楽天カード
 三菱UFJニコス
 オリコカード
 P-oneカード
 三井住友トラストクラブ
 JALカード
 クレディセゾン
 TOP&カード
 NTTグループカード
 セディナカード
 SBIカード
 出光カード
機能・タイプ別
 年会費無料
 ゴールドカード
 マイルが貯まる
 女性専用
 学生専用
 即日発行
 リボ払い専用
 ETCカード
 デザイン
特典別
 お買い物割引
 お食事割引
 ゴルフ特典
 電車、バス特典
 医療・健康相談無料
お役立ちツール
 クレジットカード検索
関連知識
 クレジットカードとは
 歴史年表
 仕組み
 支払い方法
 種類
 国際ブランド
 電子マネー
 電子マネーの原理
 メリット
 クレジットカード番号とは
 利用上の注意点
 紛失・盗難時の対応と補償
クレジットカードを利用上の注意点

クレジットカードが届いたら早めにサイン

クレジットカードは、審査に通過の場合や、その後の更新の度に送られてきます。届いたら何より先にする事は、このクレジットカードにサインする事。この場所は、裏側で横に明るい色の細長いテープの様なものが貼ってあります。
漢字でもローマ字でも良く、そして、あえて奇麗に書こうとしないで、普段と同じ様に書きましょう。
サインに使用する筆記具は、ボールペンかマジックで、油性のものを使います。何故かというと水に濡れても消えない為。もし消えてしまうと大変です。

お買い物にクレジットカードを利用した時にお店の方より、売上票にサインの記入を求められます。この時は、クレジットカードに記入したものと同じにします。
お店の方は、両方のサインを見比べて、同一人物のサインかを判断しています。この為、サインが無いクレジットカードは、使えませんし、サインが無い状態で紛失や盗難によって、第三者に勝手に使われてしまっても補償の対象となりません。


売上票に記載の金額や支払い方法の確認

クレジットカードでお買い物をすると売上票をお店の方より受け取るのですが、ここに記入されている金額や支払い方法を確認しましょう。そして、これが正しい時だけサインをしましょう。
もし、誤りが有った事に気付かないで、サインをしてしまいますと、このまま請求されてしまいます。
誤りが有ったら、修正をしてもらってから、サインをしましょう。

ICカードは、サインでなく、暗証番号を入力する事も有ります。この場合も金額が正しい事を確認してから、暗証番号を入力しましょう。

これらは、海外でも同じで、サインや暗証番号の入力は、「了承した」という事を意味しています。


売上票は、保管が必要

お店の方より渡された売上票は、捨てないで、せめてクレジットカード利用明細書が届くまで保管しましょう。
それは、売上票に記載されている金額や支払い方法が、クレジットカード利用明細書に記載のものと一致しているかを見極める為です。
クレジットカード利用明細書が届いても、そこに記載の内容が正しいか判断出来ないと困ってしまいます。
滅多にない事ですが、もし、違っていたら、カード会社に問い合わせをしましょう。到着後、一定の日数が経ってしまうと、せっかく問い合わせをしても無効になる事が多くなります。届いたら早めに確認をしましょう。


紛失や盗難に遭ってしまったら

紛失や盗難に気付き次第、カード会社に連絡しましょう。この連絡を受けてカード会社では、このクレジットカードを利用出来なくします。こうする事で不正利用を食い止める事が出来ます。
そして、最寄りの警察所に紛失や盗難の届けを行って下さい。
詳細


住所、名前、電話番号、会社が変更になった時は、カード会社に届け出を

仕事の都合等で住所が変更になったり、結婚で名前が変更になったりする事が有ります。うっかりするとつい忘れがちですが、この場合にカード会社に連絡が必要です。クレジットカード利用明細書やその他の重要な書類が届かなくなってしまいます。
又、クレジットカードの決済口座に利用していた銀行口座を解約した時も同様に連絡が必要で、このままでは、クレジットカードの利用代金を引き落とせなくなってしまう.。別の銀行口座を決済口座に設定します。


クレジットカードは、貸与できません

クレジットカードに印刷されている名前の方のみが、使えます。では、家族の場合は、どうかというと、やはり使えないのです。
家族の場合は、家族会員になるといった方法が有って、家族カードが発行されます。このカードは、本会員のカードに追加で発行されるカード。この家族カードでお買い物をした時は、本会員の銀行口座から一緒に引き落とされます。


暗証番号の管理は、しっかりと

ICチップが搭載されたクレジットカードをICカードとも呼び、これは、表面の左側に金色の四角い部分が有るので、一目で分かります。
ICカードは、お買い物の時などに使う時、4桁の暗証番号を入力する事になっています。(サインでも良い事も有る。)この暗証番号ですが、第三者に知られて不正利用されても補償されず、このクレジットカード会員が責任を持つ事になります。但し、カード会社に問題が有った場合を除きます。

暗証番号は、決して第三者に知られない様に管理が必要。
また4桁全てが同じ番号を使えない事は、もちろんで、以下も推測されやすいので、使ってはいけません。
  • 生年月日
  • 住所の番地
  • 電話番号
  • 部屋番号
  • 自動車やバイクのナンバー


会員規約を読みましょう

会員規約には、クレジットカードの利用に関係した非常に多くの規則が書かれています。
例えば、利用代金の決済日、利用出来る支払い回数、金利など。
これに同意していない方には、クレジットカードが発行されていません。
会員規約は、カード会社のホームページに掲載。又、クレジットカードが届いた時等に同封されています。

カード会社のホームページで申し込む時は、この会員規約が表示され、「同意する」にチェックを入れたり、「同意」ボタンをクリックしないと申し込めません。
ホームページでなく、申し込み書類を書類を郵送してもらって申し込む時は、会員規約が同封されていて、これに同意が必要です。


支払いの延滞にご注意

クレジットカードを使った時の代金支払いが決済日に出来ないと大変です。クレジットカードが利用できなくなってしまう事も有ります。それだけではなく、以後の申し込みでは、審査にとおり難くなる事も有り得ます。
延滞損害金といって、延滞した事により別途支払い金が必要となります。



お問い合わせ先免責事項相互リンク集TOP