クレジットカードのメリット

クレジットカードの比較@サイト
  |TOP用語集
提携ブランド別
 VISA
 MASTER
 JCB
 アメリカン・エキスプレス
 ダイナースクラブ
カード別
 三井住友VISAカード
 アメリカン・エキスプレス
 ライフカード
 JCB
 楽天カード
 三菱UFJニコス
 オリコカード
 P-oneカード
 三井住友トラストクラブ
 JALカード
 クレディセゾン
 TOP&カード
 NTTグループカード
 セディナカード
 SBIカード
 出光カード
機能・タイプ別
 年会費無料
 ゴールドカード
 マイルが貯まる
 女性専用
 学生専用
 即日発行
 リボ払い専用
 ETCカード
 デザイン
特典別
 お買い物割引
 お食事割引
 ゴルフ特典
 電車、バス特典
 医療・健康相談無料
お役立ちツール
 クレジットカード検索
関連知識
 クレジットカードとは
 歴史年表
 仕組み
 支払い方法
 種類
 国際ブランド
 電子マネー
 電子マネーの原理
 メリット
 クレジットカード番号とは
 利用上の注意点
 紛失・盗難時の対応と補償
クレジットカードのメリット

現金払いには、無い色々なメリットが有ります。
ポイントやマイルが貯まり、その他にも一部のクレジットカードを除いて特典や付帯保険が有ります。



ポイント又はマイルが貯まる

クレジットカードをお買物に利用すると利用額に応じて、ポイント又はマイルが貯まります。
ポイントは、商品券や商品等と交換出来ます。
マイルは、航空会社の航空券等と交換出来ます。


クレジットカードの特典

特典の種類、数、内容は、クレジットカードによって異なっています。そして特典の種類は、年会費が高いクレジットカード程、多い傾向に有ります。例えば、年会費無料のクレジットカードですと数種類の場合も有ります。

特典の例
・パッケージツアー割引
・お買物割引
・レンタカー割引
・お食事割引
・空港ラウンジ無料
・医療・健康相談無料
・電車、バス特典
・ガソリン割引
・空港での手荷物無料宅配サービス
・海外旅行先での日本語サポート(電話によるサポート)

※:クレジットカード毎の特典は、各クレジットカードの詳細ページにてご確認をお願い致します。


付帯保険

現金払いでお買物をした商品の破損や盗難の際には補償が有りません。しかしクレジットカードでお買物をすると期限付きですが補償が有ります。その他に海外旅行や国内旅行の際の付帯保険制度等のメリットが有ります。
ショッピング(ショッピング保険)
海外旅行(海外旅行傷害保険)
国内旅行(国内旅行傷害保険)

※:この中には、クレジットカードによっては、付帯していない保険も有ります。


キャッシュレス

クレジットカードでのお支払いは、現金を使用しませんので持ち歩く現金の量を減らせます。
現金を紛失してしまった場合に戻ってくる可能性は低いですが、クレジットカードを紛失した場合は、至急、クレジットカード会社に連絡する事でクレジットカードを使えなくする事が出来ます。又、万一の紛失や盗難の際の不正使用に対する保障制度が有ります。


1回払い手数料無料

クレジットカードの1回払いは、後払いで手数料が掛からない利用方法です。
但し、1回払いは、クレジットカードを利用してから支払い迄の期間は、比較的に短期間です。(例えば、「15日締めの翌月10日払い」、「月末締めの翌月26日払い」、「5日締めの翌月3日払い」等の様になっています。)

※:2回払いやボーナス1回払いは、手数料が掛かりませんが、利用出来る店舗が限られています。


色々な支払方法から選べる

クレジットカードの支払い方法には、1回払い以外にも2回払い、分割払い(3回払い以上)、リボ払い、ボーナス1回払い、ボーナス2回払い等の色々なものが有ります。
1回払いでは、予算的に今すぐ購入が無理な場合でも分割払いやリボ払いを利用する事で購入出来ます。しかし、利用する時は、収入と支払いのバランスを良く考えて利用しましょう。


抗弁権の接続

クレジットカードを利用したリボルビング払い、分割払い(3回払い以上)で商品を購入した場合、購入した商品が届かなかったり、破損、故障、誤納品等が有った場合、問題が解決する迄、購入者には、代金支払いを停止出来る権利が有ります。
割賦販売法で定められていて、この代金の支払い停止の事を「抗弁権の接続」と呼びます。

この権利を利用の際は、未払い扱いにならない為にも商品の購入先とクレジットカード会社の両方に支払い停止の旨とその理由を良く説明して、十分な意思疎通が必要です。文書による申し出が必要で、内容証明郵便が効果的です。
(この権利は、支払いの停止であって解約ではありませんので、問題が解決されれば支払いを継続する必要が有ります。)

但し、以下等に該当する場合は、この支払いを停止出来ません。
・支払い総額が、4万円未満の場合。
 リボルビング払いの場合は、現金価格が、3万8千円未満の場合。
・商品の購入者にとって、購入が商行為の場合。
・支払い完了迄の期間が、2ヶ月未満の取引で購入の場合。(例えば、1回払い等。)
・商品が支払い停止できる対象外の場合。


海外で高額品のレンタル

海外でレンタカー等の高額品を借りる場合、現金払いでは利用出来なかったり、保証金が別途必要になる場合が有ります。
(海外の一部ホテルやセルフサービスのガソリンスタンドも現金払いでは、利用出来ない事が有ります。)
クレジットカードは、身元を証明する役割も有ると考えられています。


お問い合わせ先免責事項相互リンク集TOP